1. HOME
  2. ブログ
  3. IT関連
  4. 選択肢を知っていれば効率化や高額なITシステムのコストを大きく下げられる!

USEFUL INFO

経営や業務に役立つ情報

IT関連

選択肢を知っていれば効率化や高額なITシステムのコストを大きく下げられる!

コストダウン

業務で顧客管理や販売管理、データのバックアップシステムなどITシステムを利用されている企業は多いです。

そういった場合、自社用のオリジナルシステムを作ってもらったり、サーバーを社内に設置したりと高額になりがち。

もちろん、そういったシステムがないと仕事にならないのはわかりますが、最近では現状のITシステムの代わりになるような選択肢がたくさんあります。

その選択肢を知っていれば比較検討できますが、知らないと現状の運用を続けるしかありませんよね。

それがいかに非効率だろうが高額だろうが。

毎月のリース料が高いと思っている、5年周期でシステムやサーバーを入れ替えている、もっと業務を効率化したいという場合は、別のシステムに切り替えることでグンとコストを抑えたり、より効率化することができるかもしれません。

例えば、オンプレミスからクラウドへの移行

オンプレミスとは、サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、自社管理して運用することを指します。

クラウドとは、ユーザーがサーバーやソフトウェアなどを持たなくても、インターネットを通じて必要なサービスを利用できることです。

例えば、社内に社員同士がデータを共有したり、パソコンのバックアップを取っているファイルサーバーがあるとしたら、それはオンプレミス。自社にサーバーという機械を置いていますからね。

いっぽうクラウドストレージというサービスであれば、自社内にサーバー機器を置かずにインターネットを通じてファイルの共有やバックアップを取ることができます。

あるお客様から社内にファイル共有用のネットワークHDD(NAS)を利用されており、故障したのでコストを下げて再運用できないかと相談を受けました。

初期設置時に機械代や設定費などで数十万円かかったそうです。

当然、同じ機械を入れればそれくらいの費用はかかります。

しかし、お客様の使用用途からクラウドへの移行で問題なかったので、クラウドストレージを導入した所、設定費+月額1,000円ほどになりました。

月額1000円なので年間1万2千円。5年でも6万円です。

また、別のお客様では顧客管理システムをクラウドに変えることで大きくコスト削減になりました。

他にも、

  • 社内の情報共有はメールとホワイトボード⇒LINEやチャット、グループウェアなど
  • お客さん用のポイントカードやクーポン券は紙を利用⇒紙ではなくクラウドサービスやアプリ化など

このように選択肢を他にも知ってるかどうかで比較検討でき、運用の仕方、かかるコストは変わってきます。

もちろんオンプレミスとクラウドにはそれぞれにメリット・デメリットがあるので、必ずしもクラウド化すれば良いというわけではありません。

しかし、選択肢を多く持っておくことでより効率化、コスト削減できるかもしれないので、見直せるところは検討の価値があるかなと思います。

また、クラウドじゃなくてもオンプレミスにも選択肢はたくさんあります。

社内システムを構築したい、見直したい、コストを下げたいという方はお気軽にご相談ください。

いろいろな選択肢からお客様に合った提案をさせていただきます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

プロフィール


進藤大誉(しんどうひろたか)

宮崎県延岡市でパソコンの販売からサポート、ホームページ制作などのお仕事をしています。ITやWebに関するご相談はお気軽にどうぞ。
1979年5月19日/宮崎県延岡市生まれ
・岡富小学校
・岡富中学校
・延岡西高校(第33回生)
・福岡工業短期大学卒業
FacebookやLINEなどSNSで情報配信もしております。お気軽にフォローしてください。

line

ブログ集客が学べる無料メルマガ

詳細はこちらをご覧ください。

⇒ ブログ集客講座の無料メルマガはこちら